今からできるハクビシン対策~農園に近づけないために~

手塩に掛けて育てた果物が食べられた!食害はどう防ぐ? 手塩に掛けて育てた果物が食べられた!食害はどう防ぐ?

ハクビシンが近寄らない環境づくり

男女

ハクビシンによる食害を防ぐためには、農園に近寄らせないようにする必要があります。どういう環境がハクビシンを近寄らせないのか詳しく説明していきます。

農園でしておきたい対策方法

農園でしておいた方が良い対策方法を教えてください。
まず、ハクビシンが棲みつかないように要らない果物はちゃんと処分するようにしてください。処分といってもそこら辺に捨てるのではなく、ゴミ箱や段ボールなどハクビシンに食べられない方法で処分することが大切です。他にも、農園の敷地内の茂みがハクビシンの隠れ場所になったり、電気柵の効果が弱まったりしてしまうので、定期的に草刈りを行なうようにしましょう。「草刈りをする暇がない」「面倒くさい」という人は、電気柵の周りに防草シートを敷くなどして雑草が生えてこないように対策をしてみてはいかがでしょうか。

自分1人だけの力ではハクビシン対策はできない

ハクビシン対策は、自分の力だけではできません。近所の人にも協力してもらって、地域全体でハクビシン対策に取り組むことが大切なのです。

ハクビシン対策は地域の協力も必要

ハクビシンの行動範囲はかなり広いので、食害は自分の農園だけでなく近所の他の農園にも及んでいる場合があります。自分の農園だけハクビシン対策をしていても、近所の対策が不十分だと結局ハクビシンの食害は防止できないのです。そのため、ハクビシン対策には地域の協力も必要になってきます。農園への被害が広がらないように、地域住民とハクビシンが棲みつく環境を作らないようにしていきましょう。そうすることで、他の農園への被害もきっと減らせますよ。

TOPボタン